BIOGRAPHY

Wataru Abe

Wataru Abe

Kaico / Electric Pressure / Several Reasons

Born in Tokyo, Japan. He started playing with Piano from his early age. After beginning composition in the age of 19, he decided to study abroad in Berklee college of Music in Boston. In addition to the comprehensive music knowledge and theory, which varies from Classical music to Jazz and various modern music, he devoted himself into audio programming languages, such as Max/MSP, Csound, etc.

As a solo artist, he focuses on generating sounds from mathmatic algorithms such as life automata, strange attractors, and modifying them to physically perceivable beat. He announces his first solo album “Phenomena” (Kaico) in 2013. By its uniqueness of high frequency noise and heavy beats, his floor-oriented glitchy techno stlye met with a favorable reception and the album has got international media praises.

Press Kit

Press kit Download here (Zip file)

阿部 渉

Kaico / Electric Pressure / Several Reasons

東京生まれ。

2002年渡米し、バークリー音楽大学(ボストン)にてクラシック~ジャズといった体系的な音楽知識・理論を学ぶと共に、Max/MSPをはじめとする音楽プログラミング言語での音楽表現に傾倒する。

 2005年同校を卒業、帰国後は楽曲提供、CM音楽制作等幅広く活動。2006年、アンビエントポップなmurr*murr名義にて「Daydream」(Fenomeno.Inc)を、2008年には、フォーキー&トラッドなRuibyat名義にて「Theme of Love」(Turquoise)をリリース。2013年11月に邂逅(Kaico/Japan)よりリリースされた初のソロアルバム「Phenomena」では、それまで嗜好していたリリカルな旋律やAtmosphericな空気感といったリズム以外の音楽要素を排除し、元々の音楽衝動の原点であるノイズ・グリッチ・ビートのみによる、硬質かつ高揚感あふれる世界観を作り出している。

2016年よりライブテクノプロジェクト“Distra”を始動。Distraは、Max/MSPのみを使用した即興ライブセットによってIndustrial/Hard/Acidな音響を生み出すことを主軸としたソロプロジェクトである。

プレスキット

プレスキット(zip形式)